ベアリング2ch自動車・バイクニュース

バイク・自動車関連の情報・ニュースです。

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | |

≫ EDIT

【自動車】マツダ新型アテンザが目標の7倍を受注 そのうちなんと4分の3がディーゼル






1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/12/25(火) 10:26:21.08 ID:???


2012年11月20日に発売された新しいマツダ・ アテンザの
一ヶ月経過時点(12月20日)での受注台数が約7300台となり、
月間販売目標(1000台)の7カ月分を超える好スタートを切ったことが
判明しました。 



最新のクリーンディーゼルや『i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)』と
名付けられた先進安全技術、ダイナミックなスタイリングが話題の
新型アテンザですが、やはり人気の中心はディーゼル車。
なんと、新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」搭載車が
受注台数の76%を占めているとのこと。 



ガソリンエンジン搭載車では2.5Lエンジン車が11%、2.0Lエンジン車が13%
ということです。



また、ミリ波レーダー、赤外線レーザー、カラーカメラなどを使った
贅沢な先進安全技術は、全体の69%(パッケージオプション装着車を含む)と
多くのユーザーに選択されているよう。 



ちなみに、ボディタイプ別の受注台数ではセダンが54%、ワゴン46%。
フラッグシップモデルらしく、本革シート仕様も47%(ブラック32%、
ホワイト15%)と高い比率になっています。 



なお、この人気を受けて、納車時期の目処も発表されています。
12月20日に注文した場合でも、出荷時期はガソリン車が2月以降、ディーゼル車が
3月上旬以降を予定しているということです。




ソースは
http://news.mynavi.jp/c_cobs/news/clicccar/2012/12/7-43.html
■マツダ http://www.mazda.co.jp/
 2012年12月21日 新型「マツダ アテンザ」の販売が好調
 http://www.mazda.co.jp/corporate/publicity/release/2012/201212/121221b.html?link_id=hi
 株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7261







7:名刺は切らしておりまして:2012/12/25(火) 10:32:02.65 ID:nN8DIcWv

7倍と言っても、月間販売目標1000台じゃ、元の目標が低すぎだろ・・・






11:名刺は切らしておりまして:2012/12/25(火) 10:36:19.25 ID:ZhU9GIUh

>>7
マツダということを忘れてないか?






16:名刺は切らしておりまして:2012/12/25(火) 10:41:52.26 ID:vmRfFjSm

>>11
昔はマツダのオープンカーが月に1000台も売れ、納車は半年先という程だったのに

時代だなあ





21:名刺は切らしておりまして:2012/12/25(火) 10:47:00.49 ID:35EBkIqo

>>7
このクラスだと日産ティアナとかホンダアコードでさえも目標1000台だよ。
会社の規模を考えたら1000台くらいで妥当。






56:名刺は切らしておりまして:2012/12/25(火) 11:36:02.01 ID:sZihs3tA

>>7
それを言ちゃおしまいと思いながらも、納得するのも寂しい


≫ 続きを読む

スポンサーサイト

| マツダ | 17:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

【環境】 マツダの新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」が日本燃焼学会「技術賞」を受賞 マツダの同賞受賞は2年連続





1:丑原慎太郎φ ★:2012/12/07(金) 16:58:37.31 ID:???0


★マツダ、SKYACTIV-Dが日本燃焼学会「技術賞」を受賞 



マツダは、新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」における低圧縮比ディーゼルエンジン燃焼技術の開発が、2012年度日本燃焼学会「技術賞」を受賞したと発表した。



 同賞は、燃焼応用技術の研究・開発に顕著な功績を残した個人またはグループに授与されるもの。今回の受賞は、前年度の「高圧縮比ガソリンエンジンの燃焼技術の開発」に続く、2年連続での受賞となる。 



 受賞者は同社エンジン性能開発部の志茂大輔氏と中井英二氏、パワートレイン技術開発部の金尚奎氏、寺沢保幸氏の4人。



 SKYACTIV-Dは、圧縮比を量産ディーゼルエンジンとして世界一低い14.0にすることで、燃料である軽油と空気をムラなくきれいに混合し、 NOxやPMの抑制と高い熱効率を両立する理想的な燃焼を追求。これにより高価なNOx後処理装置なしでポスト新長期排出ガス規制をクリアし、低価格での クリーンディーゼルエンジン車の提供を実現した。同エンジンは、『CX-5』や新型『アテンザ』に搭載されている。



 今回の受賞では、吸気行程で高温の排出ガスの一部を燃焼室に取り込む可変バルブリフト機構や、緻密な燃料噴射制御が可能なマルチホールピエゾインジェク ターの採用により、軽油と空気の燃えやすい混合状態を作り出すことで、低圧縮比ディーゼルエンジンの課題である低温時の始動性や燃焼安定性を確保したこと が高く評価された。



 また、予混合型燃焼技術やエッグシェイプ燃焼室技術などにより混合状態を理想に近づけ、クリーンな燃焼を実現したことも評価された。 



Response http://response.jp/article/2012/12/07/186604.html








3:名無しさん@13周年:2012/12/07(金) 17:03:53.55 ID:dXXcew+W0

5年も乗ればボッコンボコン黒煙吐くんだろ






8:名無しさん@13周年:2012/12/07(金) 17:10:37.24 ID:CV65ugEn0

>>3

触媒頼みのディーゼルより耐久性ははるかに高いと思うよww






33:名無しさん@13周年:2012/12/07(金) 18:40:10.50 ID:FnFUeVBa0

>>3
親父がフレンディーディゼルに乗っていたけど、9年目で買い換えるまで
殆ど黒煙出さなかったよ。アクセル床まで踏むと多少出るけど、トヨタや
三菱の通常加速よりは少なかった。
勤め先が同じ方向だったので、後ろから見る機会がよくあった。


あっ、親父二輪上がりのドライバーなので、「高回転こそ正義」って人です。



≫ 続きを読む

| マツダ | 17:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

マツダ、新アテンザから自動ブレーキ、衝突回避システムを装備






1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/10/29(月) 08:55:47.87 ID:???


マツダは27日、来月20日に発売する主力乗用車「アテンザ」の新モデルに搭載する
安全技術を、開発拠点の同社三次自動車試験場(広島県三次市)で報道陣に公開した。
前方を走る車との距離が縮むと自動的に減速し、減速後も衝突の危険を感知した場合に
急ブレーキがかかる衝突回避システムや、ブレーキとアクセルの踏み間違いに備えた
急発進防止機能などを組み込んだ。 



レーダーや赤外線レーザーセンサー、カメラなどを組み合わせて実現。独自に開発した
衝突回避システムでは障害物の感知にレーダーとセンサーを採用したため、濃霧などの
条件下でも精度が落ちることはないという。



高速道路での走行を想定した衝突回避のデモンストレーションでは、時速100キロで
走行中、前方車両との車間距離の縮みを感知すると、衝突時間を計測して、ぶつかる
数秒前から徐々に減速を開始。さらに時速30キロ以下になってもブレーキが
踏まれなければ、自動的に急ブレーキがかかって止まった。 


マツダの内藤久佳・車両システム開発部長は
「(運転中の判断が遅れがちになる)高齢者が増える中、運転ミスを防ぐ技術の需要は
伸びる。今後は歩行者も感知できるような安全システムに改良していきたい」と話した。



ソースは
http://mainichi.jp/select/news/20121028mog00m020006000c.html
マツダ http://www.mazda.co.jp/
株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7261







3:名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 08:59:38.73 ID:N9CgXBm5

万が一自動ブレーキが作動しないで事故が起きたら
モンスターに多額の損害賠償を訴えられそうだね






8:名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 09:03:17.95 ID:X5vbzRK8

>>3
買う時に「事故っても文句言うなよ」誓約書を書かされんじゃないの?
実際の法的効力があるかどうかはともかく






12:名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 09:08:20.47 ID:N9CgXBm5

>>8
手術するときの承諾書みたいだな。
あれはあまり法的に意味がないみたいだけど






25:名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 09:37:02.32 ID:G2VLWs/h

>>3
アイサイトの場合
「自動減速は運転補助システムで、
事故らないようにするのはドライバーの役目だから、
ちゃんと前を見て運転しろ」 

ってくどいくらい注意書きの説明をされる






52:名刺は切らしておりまして:2012/10/29(月) 11:51:09.67 ID:7lXvrrF3

>>3
車両は法的に定期整備と乗車前の点検がドライバーの責務 

定期整備に不備がなかったなら責任はドライバー

≫ 続きを読む

| マツダ | 21:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

マツダが2017年に新型RX-7を発売







1: ベンガル(千葉県):2012/11/02(金) 21:53:44.51 ID:fFK8BSaz0


登場が待望されるマツダのロータリーエンジン搭載モデルだが、そのロータリーエンジンを初めて搭載した市販モデル"Mazda Cosmo Sport"が誕生してから50周年となる2017年に、新しい"RX-7"が登場することになると、マツダのスポーツカー部門のチーフである山本修弘氏が、オーストラリアのメディアThe Motor Reportの取材に明らかにした。



この2017モデルのRX-7は、大幅な軽量化などが行われる次期型の"Mazda MX-5(ロードスター)"のプラットフォームを基本に、+2のシートを備えるためにホイールベースを延長するなどしたシャシーを採用。全体の重量が"Toyota 86"と同じ程度になるというこのシャシーに、300hp程度の出力の排気量1.6L 自然吸気方式の次世代ロータリーエンジン"16X"(画像:上)が搭載されるとのことだ。



http://blog.livedoor.jp/motersound/archives/51748784.html






8: ボルネオウンピョウ(WiMAX):2012/11/02(金) 21:55:44.94 ID:+heY/brF0

ロータリーって正直どうなの?






38: 白(内モンゴル自治区):2012/11/02(金) 22:13:32.40 ID:vUFfQU0N0

>>8
FCの後期型に乗った事あるけど…
アクセルレスポンスが凄かったのを覚えてる






198: ラガマフィン(神奈川県):2012/11/03(土) 14:10:07.78 ID:TtOmmBky0

>>8
俺が乗り始めた頃はリッター105円だったハイオクが
今では160円

死ぬっww






252: スノーシュー(東日本):2012/11/04(日) 17:05:03.74 ID:bIJAo8s30

>>8
レシプロが筆なら
ロータリーはボールペンだな 



≫ 続きを読む

| マツダ | 18:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

【動画】マツダRX-7のロータリーエンジンを愛しすぎた男





1: 黒(新疆ウイグル自治区):2012/10/09(火) 12:47:37.75 ID:wFzl9Whr0


http://www.zaeega.com/archives/54200986.html

マツダRX-7のロータリーエンジンを愛しすぎた男
2012.10.9 12:00 



 世界で唯一ロータリーエンジンを搭載したスポーツカーのマツダRX-7は、生産中止後も高い人気を誇っているそうですが、この男性の場合には、製造中止 になった悲しさから、ロータリーエンジンを脳内擬人化、彼女のように寄り添い愛し合っている日々を送っているそうです。抱き枕を愛しすぎてるのと同じ系統 かしらかしら。


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=uPBr3Pet1mo


想像以上だった (エ・ω・`)






2: ノルウェージャンフォレストキャット (空):2012/10/09(火) 12:49:45.61 ID:UxQP2ix3P

想像以上というか違ってた






4: ペルシャ(禿):2012/10/09(火) 12:52:09.78 ID:B52w6L4X0

せめてエンジン扱いしろよwwwww






6: ノルウェージャンフォレストキャット (チベット自治区):2012/10/09(火) 12:53:34.37 ID:57YWzZ7lP

なんか凄いシュール

≫ 続きを読む

| マツダ | 17:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

【自動車】足を引っ張る“フォード後遺症” それでもマツダが強気な理由




1:のーみそとろとろφ ★:2012/09/22(土) 12:29:27.30 ID:???


 「SKYACTIV(スカイアクティブ)」といっても一般的には馴染みがない。
でも、サッカー日本代表の長友佑都選手が登場するマツダのテレビCMといえば、
ピーンとくる人も多いのではないだろうか。 



 スカイアクティブは、マツダが新開発した独自の環境技術で、
エンジンや変速機の効率化を追求し、燃費と走りの両立を目指す。 



 普通のガソリン車でありながらハイブリッド車に迫る燃費性能で、
同社が5年前から取り組む「モノ造り革新」の中で実現した自慢の新世代技術という。



 この技術を導入した新型エンジン搭載車の販売が好調。
クリーンディーゼルを中心に「予想以上の反響に正直、驚いている」(山内社長)。
「デミオ」「アクセラ」に続き、今年2月発売のSUV「CX-5」は
国内の受注がすでに年間販売目標の2倍以上を達成。 



 海外でも人気で「今期の世界販売の目標を
16万台から19万台に上方修正するとともに、
生産能力も年24万台にまで引き上げる」と鼻息も荒い。
ただ、マツダは、2012年3月期の連結決算で国内自動車メーカーとして唯一の赤字。
しかも、リーマンショック直後、山内氏が社長に就任してから4期連続の赤字、
2期連続で無配転落という我慢の経営が続く。



 米フォード・モーター傘下の時代が長く続いた関係で海外の生産拠点づくりが遅れており、
輸出比率が7割強と同業他社に比べて飛び抜けて高いほか、
販売台数の多い欧州で債務危機が深刻なのも業績の足を引っ張った。 



 円高や新興国の景気変調など懸念材料が山積する中、
山内社長は「今期こそ黒字化を目指す」と言い切るのも、
かつてのロータリーエンジンを超えるブランド力が期待される
“救世主”が出現したからにほかならない。(福田俊之=文 PANA=写真) 




 マツダ会長兼社長兼CEO 山内孝(やまのうち・たかし) 
1967年、慶應義塾大学卒業後、東洋工業(現・マツダ)入社。
96年取締役。常務、専務、代表取締役副社長執行役員などを経て、
2008年代表取締役社長兼最高経営責任者(CEO)。
10年、代表取締役会長兼社長兼最高経営責任者(CEO)。

http://www.sankeibiz.jp/business/news/120922/bsa1209221216004-n1.htm







5:名刺は切らしておりまして:2012/09/22(土) 12:36:39.84 ID:exCUOz9R

国内生産多いけどスバル元気だぞw
海外生産が遅れたなんて言い訳に過ぎない






110:名刺は切らしておりまして:2012/09/23(日) 11:40:41.21 ID:Ec0D7WJj

>>5
トヨタと業務提携しただけで、子会社になったわけでもないのに
軽やらコンパクトを全てOEMにされてしまったスバルが
元気と言われても…。






140:名刺は切らしておりまして:2012/09/23(日) 22:52:19.16 ID:kiMRkipt

>>110
利益率が低いのを切ったんだから元気になるだろw 

北米はこんな勢いだぞ 


【自動車】米国第2工場も視野か、スバルに迫られる決断[12/09/20]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1348190489/

≫ 続きを読む

| マツダ | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

【自動車】マツダ、新型「アテンザ」「アテンザ ワゴン」の価格を公表し予約開始 250万円から、ディーゼル6速MTを用意







1:依頼@@@@ハリケーン@@@φ ★:2012/10/06(土) 17:57:23.00 ID:???


 マツダは10月5日、新型「アテンザ」「アテンザ ワゴン」のグレード体系、価格を発表し、事前予約を開始した。価格は、250万円~340万円。発売は11月後半を予定している。



 新型アテンザは、セダンとワゴンのボディータイプがあり、直列4気筒 2.2リッターのクリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」、直列4気筒 2.0リッターのガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」と、2.5リッターのガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.5」を用意。 



それぞれのグレードには、6速ATの「SKYACTIV-DRIVE(6EC-AT)」搭載車が用意されるが、SKYACTIV-D 2.2搭載のXDにのみ6速MTの「SKYACTIVE-MT(6MT)」が用意される。駆動方式はいずれも、2WD(FF)のみ。 



<以下略。省略部分はソース参照> 



ソース:Car Watch
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20121005_564435.html














3:名刺は切らしておりまして:2012/10/06(土) 18:03:12.50 ID:DZnuFAc9

なんかギャランぽい顔になったな






4:名刺は切らしておりまして:2012/10/06(土) 18:04:47.32 ID:DUt9LS5/

CX-5よりカッコイイ
とりあえず試乗に行くか






9:名刺は切らしておりまして:2012/10/06(土) 18:20:16.80 ID:r3aFpC8t

4WDは出さないのか


≫ 続きを読む

| マツダ | 17:53 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

マツダ 新型アテンザワゴンを公開 ハイパワー版は175PS_420Nm








1: ヨーロッパオオヤマネコ(やわらか銀行):2012/09/27(木) 20:05:06.50 ID:FVF3mL8M0●


マツダは5日、フランスで27日から開催される『パリモーターショー』において、新型「Mazda6」(日本名 : マツダ アテンザ)のワゴンを世界初公開すると発表した。既に開催されている『モスクワモーターショー』においてセダンが初公開されており、『パリモーター ショー』にはワゴン2台とセダン1台が出品される。なお、同車は2012年中に欧州市場へ導入する予定。



新型Mazda6は、ダイナミック性能、環境安全性能、デザインなどすべてにおいて、同社の技術とこだわりの粋を尽くしたというフラッグシップモデル。新 世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」の搭載など、SKYACTIV技術と魂動デザインを全面的に採用した新世代商品第二弾となる。



「SKYACTIV-D 2.2」には、ハイパワーとスタンダードパワーの2機種を設定し、いずれも欧州排出ガス規制「Euro6」に適合。また、同社の新世代ガソリンエンジン 「SKYACTIV-G 2.0」と「SKYACTIV-G 2.5」も設定するほか、先進の安全技術や同社独自の減速エネルギー回生システム「i-ELOOP」(アイ・イーループ)も採用されている。 





http://news.mynavi.jp/news/2012/09/05/151/


SKYACTIV-D 2.2 ディーゼルエンジンの特徴:
・ 14.0 の低圧縮比(量産車で世界一の低圧縮比)
・ 2 ステージターボチャージャー
・ スタンダードパワー とハイパワーの2 タイプを設定 


出力:
・ スタンダードパワー: 110 kW/150 PS @ 4,500 rpm & 380 Nm @2,000 rpm
・ ハイパワー: 129 kW/175 PS @ 4,500 rpm & 420 Nm @2,000 rpm 


燃費(combined) / CO2 排出量:*
スタンダードパワー
o 6 速マニュアルトランスミッション: 3.9 l/100 km & 104 g/km
o 6 速オートマチックトランスミッション: 4.8 l/100 km & 127 g/km
・ 排出ガス規制: Euro 6
ハイパワー
o 6 速マニュアルトランスミッション: 4.5 l/100 km & 119 g/km
o 6 速オートマチックトランスミッション: 4.8 l/100 km & 127 g/km
・ 排出ガス規制: Euro 6






3: 黒トラ(三重県):2012/09/27(木) 20:06:00.84 ID:ET79ECpC0

最近マツダ頑張ってるな






4: コドコド(北海道):2012/09/27(木) 20:06:21.86 ID:AqanQIffO

4L並みのトルクか!

≫ 続きを読む

| マツダ | 18:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

【自動車】マツダ、来月にも提携正式合意 フィアットと






1:やるっきゃ騎士φ ★:2012/09/28(金) 10:06:37.01 ID:???


【パリ共同】パリ国際自動車ショーに出席しているマツダの山内孝社長は27日、共同通信などと会見し、イタリアの自動車大手フィアットと検討している業務提携について「来月か(遅くとも)年内には合意したい」と述べ、来月にも正式合意できるとの見方を示した。 



提携は、マツダが広島の本社工場で生産するスポーツカー「ロードスター」の次期モデルの車台を、フィアット傘下のアルファロメオの「スパイダー」向けに供給する内容。



ソースは
http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20120928/Kyodo_BR_MN2012092801001271.html
マツダ http://www.mazda.co.jp/
株価 http://www.nikkei.com/markets/company/index.aspx?scode=7261








2:名刺は切らしておりまして:2012/09/28(金) 10:15:24.65 ID:uA/RyW37

スパイダー、FRになるん?






3:名刺は切らしておりまして:2012/09/28(金) 10:21:29.35 ID:XgPqku6n

なる






4:名刺は切らしておりまして:2012/09/28(金) 10:27:51.35 ID:CU+Z27Ra

フィアットも泥船みたいだよ。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MAZIRC6TTDSC01.html 

VWのハンスディーター・ペッチュ最高財務責任者(CFO)は自動車ショーの前日、
「政府支援なしにすべての乗用車メーカーが生き残れるかどうかは不透明だ」と発言。
「特に小型車を生産する南欧の乗用車メーカーに影響が出るだろう」と述べた。 






41:名刺は切らしておりまして:2012/09/28(金) 22:55:12.92 ID:RJ9xWZiZ

>>4

VWはよく言えたものだな


こいつらのせいでFIATやPSAはボロボロじゃねぇかよ
それで韓国車に部品を売っているボッシュや
シーメンス等のドイツ系サプライヤーも加担して
ウォン安でフランスも韓国とのFTAを見直してEU委員会に提訴すると
怒っているぞ!!!


≫ 続きを読む

| マツダ | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

【経済】 マツダがロシア極東で工場開所 プーチン大統領も式典に






1:九段の社で待っててねφ ★:2012/09/06(木) 18:16:57.77 ID:???0


 【ウラジオストク共同】マツダは6日、ロシア極東ウラジオストクで、ロシア自動車大手ソレルスとの合弁による自動車生産の工場開所式を行った。日本車メーカーのロシア極東での生産は初めてとなる。



 式典にはウラジオストクで開催のアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席するロシアのプーチン大統領が参加し、「伝統的なパートナーの日本とロシアの相互利益となる非常に重要なプロジェクトだ」と歓迎した。 



 工場では10月からスポーツタイプ多目的車(SUV)「CX―5」、来年をめどに中型車「マツダ6(日本名アテンザ)」の生産を開始。



ソース   西日本新聞 2012年9月6日
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/322576
6日、ロシア極東ウラジオストクでマツダの工場を視察するロシアのプーチン大統領(右端)(共同) 



マツダ、ロシア極東で工場開所 式典にはプーチン大統領も出席


  【ウラジオストク(ロシア)】マツダは6日、ロシアで同社初となる工場を開所し、将来的に生産能力を2倍に引き上げる追加投資を行う計画を明らかにした。ロシアの自動車市場は急速に拡大しており、日系メーカーは相次いで事業の拡大を図っている。


 ロシア極東のウラジオストクに開設された新工場は、生産台数でロシア第2位の自動車メーカー、ソレルスとの折半合弁会社。10月からマツダのスポーツ用多目的車(SUV)「CX-5」、来春から中型車「マツダ6(日本名アテンザ)」の生産を開始する。



 ロシア極東で日系自動車メーカーが生産に乗り出すのはこれが初めてで、ロシアのプーチン大統領は経済的後背地である同地域をアジア市場に通じる玄関口へと転換させる政策を推進している。



 先進国での成長減速を受けて、近年マツダは経営資源を新興国に集中しており、その一環としてロシアでの工場建設を決めた。同社はすでにメキシコ、タイ、中国で合弁会社を通じて年間約20万台を生産しており、ロシアも主要市場になることを期待している。



 ロシアではここ数年、自動車販売が急速に伸びており、昨年は新車販売台数が40%増加して260万台に達した。これを受けて、トヨタ自動車や日産自動車 などもロシアに進出しており、両社は北西部のサンクトペテルブルグで生産を行っている。また、米ゼネラル・モーターズ、韓国の現代自動車や起亜自動車な ど、海外大手も積極的に事業展開している。



 マツダの2011年のロシアでの販売台数は約4万台で、ランキングは17位だった。



 新工場の開所式でマツダの山内孝社長は、両社で将来的に250億円を追加投資し、生産ラインを増設する計画を発表した。生産能力は当初の年間5万台から 10万台に引き上げる。投資時期は明らかにしなかったが、ラインの増設に伴って従業員数は現在の700人から3,000人に増える予定。



 山内社長は、販売網の強化と生産の現地化推進が合弁会社の主な課題とした。同社は当面、日本から全ての部品を輸入する。



 式典にはプーチン大統領も飛び入りで出席し、生産ラインを視察した。大統領は生産が将来的に現地化されるとの見通しを示し、「高い品質基準を達成し、アジア市場への輸出拠点となってもらいたい」と述べた。


ウォール・ストリート・ジャーナル
 http://jp.wsj.com/Business-Companies/Autos/node_507762










4:名無しさん@13周年:2012/09/06(木) 18:20:13.74 ID:lYcuruQc0

なんで中韓露みたいなリスクの高い国に工場作るんだろうね・・・
他にいくらでも候補があるだろうに。






21:名無しさん@13周年:2012/09/06(木) 18:35:34.23 ID:nvTRR2wW0

>>4
ロシアの自動車市場は伸びまくってるから



≫ 続きを読む

| マツダ | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

| PAGE-SELECT | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。