ベアリング2ch自動車・バイクニュース

バイク・自動車関連の情報・ニュースです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | |

≫ EDIT

インプ、ランエボ、GT-R、インテグラなど日本産スポーツカー アメリカでは反社会的活動の象徴に


1:名無しさん@涙目です。(愛媛県):2011/11/15(火) 17:22:05.56 ID:TpJaavnd0

 短命に終わったアメリカの
「ジャパニーズ・チューニングカー」ブーム
メディアが書かない“日本ガラパゴス系カルチャー”
輸出失敗の真相  

今年も、世界最大級と称される自動車アフターマーケット見本市「SEMAショー」(米ネバダ州ラスベガス・コンベンションセンター/2011年11月1日~4日)が開催された。


 その会場で目立ったのは、GMシボレー「カマロ」やフォード「マスタング」の改造車、リフトアップ(車高を上げること)した大型SUV改造車などのアメ 車たちだ。会場内の各展示ブースの関係者やバイヤーなどの入場者は、40~60歳代のアメリカ人男性が主流。アメリカで一時、社会現象化した、若者向けの 「ジャパニーズ・チューニングカー」たちの存在感は極めて薄かった。 


それらは、数台が会場外の展示スペースに並ぶ程度で、「新種の若者カルチャー」と称された以前の勢いと比較すれば、現状ではその存在は「なきに等しい」状態だ。 


 一時はトレンドとしてアメリカに根付くかに思われた「ジャパニーズ・チューニングカー」。だが、あれから十余年、そのブームは完全に消滅してしまったの だ。当時、西海岸LA周辺ではシャコタン(車高短)のホンダ「シビック」、漢字で「暴走族」と書かれたステッカーを貼ったトヨタ「AE86 カローラ・レビン」(通称ハチロク)、日本から中古輸入された右ハンドルの日産「R32/R33/R34 GT-R」などが存在感を増していた。 


 また、同分野の関連イベントも盛んになり、競技としての「インポートカー・ドラッグレース」、展示会の「(俗称)ショー」等が、LAを発信源としてア メーバのように全米に広がっていった。そして、この分野だけを専門に扱う米自動車雑誌やウェブサイトが急増した。 

 自動車メーカーでもこのブームに便乗し、三菱が「ランエボ(ランサーエボリューション)」、富士重工がスバル「WRX/STI」を市場投入。両社は当 初、「日欧市場とは違い、WRC(世界ラリー選手権)などのラリー人気が極めて低いアメリカで、ラリー車イメージの強いスポーティモデルは売れない」とし ていたが、「ジャパニーズ・チューニングカー」ブームの波に遅れまいと戦略を変更した。


だが、アメリカでの「ジャパニーズ・チューニングカー」のブームは長続きしなかった。 同ブームは2003~2004年頃にはすでに下火となり、リーマンショックでの米自動車産業全般の大幅な下げ基調を受けてほぼ全滅した。マフラー(排気系 機器)、ターボチャージャー/スーパーチャージャー等のエンジン出力アップのための後付け過給器、エンジン制御コンピュータの改造システム、エアロパーツ と呼ばれるボディ外装品などの分野で、日本の中小企業がブームをあてこんで立ち上げた米国法人は、その多くがすでに北米事業から撤退している。同分野の雑 誌やウェブサイトも廃止され、オートバックスもLA近郊旗艦店を米事業者に売却した。


 また、こうした一連のブームの本家である日本国内でも、チューニングカー等の自動車アフターマーケット市場は低迷している。こうした流れを受け、映画 「First and Furious」(邦題:ワイルド・スピード)も、前作のパート4から登場するクルマはアメ車が主体となった。ストーリー展開を初作から続く路線を大きく 方向転換したことが奏功し、結果的に興行収益は「ジャパニーズ・チューニングカー」ブーム時よりも上昇した。


ブーム短命の真相――最大の理由は、
「非合法への憧れ」と「現実」とのギャップ


 ではどうして、アメリカでの「ジャパニーズ・チューニングカー」ブームは短命だったのか。日本の自動車メーカー関係者のなかには「アメリカでも若者のクルマ離れが進んでいるから」という解釈があるが、それは大きな間違いだ。理由はもっと「エグイ」のだ。


 筆者は1990年代後半からの同ブームについて、取材等を通じて、そこに関わった多くのアメリカ人、日本人と深く付き合ってきた。そうした経験をもとに、「ブーム短命の理由」を紹介する。

 最大の理由は、「非合法への憧れ」と「現実」とのギャップだ。


 アメリカでの「ジャパニーズ・チューニングカー」ブームの発祥は1990年代中盤頃、LA周辺の東洋系アメリカ人の若者たちが開催した「パーティ」だ。 それらを仕切る連中のなかにはギャングもいた。当然、その「パーティ」ではドラッグ(薬物)も横行し、未成年者の飲酒も常態化していた。そうした「非合法 のパーティ」に参加するため彼らが乗ってきたのが、中古のホンダ「シビック」や中古のアキュラ「RSX」(日本でのインテグラ)などだ。  

 それらのクルマは、彼らの親からの払い下げだった。そして彼らは、そうしたクルマでストリート・ドラッグレース(1/4マイル・約400m の一般直線路での競争)を始めた。これはまるで、「アメリカン・グラフィティ」(ジョージ・ルーカス監督作品、1973年)が描いた1960年代前半のア メリカの若者カルチャーの焼き直しだ。1960年代~70年代、日本人が憧れたアメリカンカルチャー。対して90年代後半には、東洋系アメリカ人が中古ホ ンダ車で遊ぶのが、新たなるアメリカンカルチャーになろうとしていた。


「ショー」と「ドラッグレース」
二手に分かれてアンダーグラウンド化


 そうした「非合法パーティ」はその後、2つのイベントに分かれていった。ひとつは、「ショー」だ。これはクルマの内外装をデコレーションして、その大胆 さ、奇抜さを競うもの。クルマのまわりには、若い女性モデルが立つ。その衣装は肌の露出が極めて大きなビキニなどで、日本でのキャンギャルの常識を越え、 場内の雰囲気は「ジェントルメンズ・クラブ」(日本でのストリップ劇場)に近くなっていった。


 こうした「ショー」では、表面上は年齢による入場制限等を設けたが、高校生が偽造免許証を使って入場したり、ショー主催者の知り合いは未成年者でも入場 が可能だった。さらに、ショーの裏側でも未成年者の飲酒やドラッグ(薬物)使用が常態化。この「非合法空間」は一部の若者に熱狂的に支持されるようになっ た。だが、こうした「ショー」は徐々に衰退していく。その背景には、警察による取り締まり強化もあるが、最も大きな理由はショーの内容自体が単調で「お客 に飽きられてきた」からだ。


 もうひとつが「インポートカー・ドラッグレース」だ。これは既存の「ドラッグ・ストリップ」(ドラッグレース競技場)を使ったレース。インポートカーと は文字通り輸入車を指すが、この分野ではホンダ車をメインとした日本車を指す。ストリート・ドラッグレースで使っていたクルマたちを、排気系、吸気系、さ らにはターボチャージャーでチューングした。こうしたレースを日本の改造車系専門数誌が取り上げたため、埼玉、三重、大阪などの改造車ショップからもレー スに参戦するようになる。 

こうした「ショー」や「インポート・ドラッグレース」では、仲間内での抗争が絶えず、殺人事件も数件発生した。筆者の実体験では、90年代後 半当時の最大派閥が主催していた「インポート・ドラッグレース」(LAの北部、カリフォルニア州ランキャスター市)の取材の際に事件が起こった。同レース の開催前夜、同市内のモーテルでレース参加グループ同士の大規模な抗争が起こり、死傷事件になった。すると午後9時過ぎ、市内上空に数機の警察ヘリコプ ターが飛び、同時に市内全域を50台規模のパトカーが完全封鎖して連中を一網打尽にした。その光景はまるで、映画のようだった。

 その翌年、テキサス州ダラス郊外のフラワーマウンド市では、100台以上の「ジャパニーズ・チューニングカー」が一般道路を集団で暴走した として、参加者全員が逮捕され、走行したクルマは全て地元警察に没収された。その後も、全米各地で「ジャパニーズ・チューニングカー」に対する取り締まり が強化され、マフラー(排気系機器)のテール(排気口)が大きなクルマは、違法改造として罰則された。こうして「ジャパニーズ・チューニングカー」は反社 会的なシロモノとして見られるようになった。

彼らの「お手本」は
日本の改造車雑誌やビデオ
 こうしたアメリカの若者たちの「非合法行為」のお手本は、日本の改造車雑誌やビデオだった。日本では、「走り屋」と称して、山間部のワイン ディングロードで夜間に暴走する行為が全国各地で広まった。また東京の首都高湾岸線を暴走したり、東京湾アクアラインでは最高速アタックと称する 300km/h オーバーでの暴走行為などが改造車雑誌に掲載され、同雑誌系列のビデオに収録されコンビニで販売されていた。


 この時期、マンガでは「頭文字(イニシャル)D」(しげの秀一・著)、「湾岸ミッドナイト」(楠みちはる・著)などが人気を博していたが、 アメリカの若者たちはフィクションのマンガではなく、改造車雑誌等で描かれるノンフィクションに憧れを持った。そして彼らが実際に、日本でのノンフィク ションをアメリカで真似てみたところ、アメリカでは非合法行為として即、罰せられてしまう。「非合法っぽい遊び」に憧れたアメリカの若者たちは、アメリカ の厳しい社会秩序によって、あっけなく打ちのめされてしまったのだ。 


こ うしたアメリカの社会背景があったからこそ、アメリカでの「非合法っぽい遊び」を描いた、映画「First and Furious」(邦題:ワイルド・スピード)がヒットしたのだ。アメリカの若者たちがやりたかったノンフィクションを、フィクションとして描いてくれた からだ。初作は製作当初、低予算の三流映画だった。だがハリウッド関係者の予想を裏切り、同作品は大ヒット。筆者はその撮影現場等にも立ち会い、製作ス タッフらとも交流したが、この大ヒットに最も驚いたのは製作者たち自身だった。

 これを契機にアメリカでは「ジャパニーズ・チューニングカー」の認知度は急上昇したが、現実社会での取り締まりも厳しさを増し、「非合法の 楽しさ」の領域は急激に縮小していった。ちなみに、同映画のパート3「東京ドリフト」が発表された2006年には、日米での「ジャパニーズ・チューニング カー」ブームはかなり下降していた。にもかかわらず、東京を作品の舞台としたのは、東京というキーワードを使うことで、日本のクルマへの憧れが強い、東南 アジア、イギリス、香港など北米市場以外での興行収益アップを狙うという製作者側の意図があったからだ。

ブームの本質とは180度違う
アプローチをした、ホンダとトヨタ

 1990年代後半から実質的には5年間弱、アメリカ市場を嵐のように過ぎ去っていった「ジャパニーズ・チューニングカー」ブーム。そのなか で、日系自動車メーカー各社はそれぞれのスタンスで対応した。なかでも、ホンダとトヨタはこのブームに対して全く違うアプローチをした。以下、2社それぞ れの動きをまとめる。


・ホンダ――ブームの受け入れを拒否
  前述のように、このブームの本質は「非合法の楽しさ」にある。ホンダとしては、中古ホンダ車の違法改造についてホンダは無関係であり「正直、迷惑だ」とい う姿勢だった。アメリカンホンダ(米国のホンダ事業本部)は「シビック」、「アコード」などのディーラー純正オプションパーツを販売しているが、そのなか にエンジン関係パーツはなく、本格的な「チューニング」という領域からは一定の距離を置いてきた。今回のSEMAショーでは、ハイブリッド車「CR-Z」 をデコレーションしたモデルが出展されていたが、あくまでもイメージカーであり、ハイブリッドの電動系システムに改造を施すものではない。

 ・トヨタ――ブームと絶妙に連携したサイオン戦略
  トヨタはアメリカで2003年から、若者向けイメージのブランド「サイオン」を開始。当初は、日本でのモデルライフ後期の小型車種を、「サイオン」に仕立 て直してコスト削減した。その当時、「サイオン」の狙いのひとつが、「ジャパニーズ・チューニングカー」ブームで広がった中古のホンダ改造車からの買い替 え需要だった。前記のように、ホンダは正攻法としての「ジャパニーズ・チューニングカー」を受け入れなかった。

 それと裏腹に、トヨタは「サイオン」を通じて、「ジャパニーズ・チューニングカー」のライフスタイル部分だけを切り取ったのだ。さらに言え ば、トヨタの戦略はもっと奥が深かった。「サイオン」は、アメリカでBセグメントと呼ばれるコンパクトカークラスの市場調査も兼ねていたと思われる。対外 的には「非合法っぽい雰囲気」の「サイオン」だが、実際の顧客には若者層だけではなく、装備品が充実して燃費の良い小型車を求めてきた中高年者も多いの だ。

 今回のSEMAショーでは、「サイオン」として今年アメリカでデビューした「iQ」の派手なコンセプトモデルを並べた。同車はすでに日欧で 発売されているが、販売量の面でも、新しいカルチャーの創造という面でもトヨタの当初目標には届いていない。アメリカでは最近、BMW「MINI」、クラ イスラー/フィアット「500」、ダイムラー「スマート」等、ライフスタイル系の小型車市場が徐々に確立されてきており、「iQ」も同市場で「サイオン」 として再出発を図る。

チューニングカーの流行には
魅力的なベース車が必要

 チューニングが流行るかどうかは、魅力的なベース車があるかないかで決まる。 「ジャパニーズ・チューニングカー」の本家の日本でのベース車は90年代~2000年代前半、日産「S13/S14/S15 シルビア」、同 「R32/R33/R34 GT-R」、マツダ「FD3S RX-7」などで絶頂期を迎えた。現在では、三菱「ランエボ」、スバル「WRX/STI」、日産「R35 GT-R」などがハイパフォーマンスカーとして存命しているが、チューニングのベース車としては「いじりにくい」。つまり、量産車(ノーマル)の状態で走 行性能の完成度が極めて高く、いじる必要性に乏しいのだ。 

  また、動力系だけでなくサスペンションを含めてクルマの様々な領域が電子制御化されており、それを統括的にイジるのが技術的に難しくなっ た。エアロパーツなどの外装品やインテリアパーツも、メーカーオプションのバリエーションが豊富で、アフターマーケットの需要は下がっている。こうした、 「量産車(ノーマル)で十分満足」という流れは、ダイムラー/メルセデス「AMG」、BMW「M」、アウディ「Rライン」などドイツ高級スポーツカーの分 野でも広がっており、メルセデス系など欧州系チューニング市場も縮小している。


ジャパニーズ・チューニングカーの復活はあるか
トヨタ「FT-86」/スバル「BRZ」の未来は?

 そうしたなか、いまウェブ上で日米欧の若者層から注目が集まっているスポーツカーが、2012年発売予定のトヨタ「FT-86」/スバル 「BRZ」だ。これらは、トヨタと富士重工が共同開発した2ドアスポーツカーで、富士重工製の水平対向型2.0リッターエンジンを搭載する。同車はアメリ カではサイオン「FR-S」として発売される。ただし、チューニングカーのベース車としてみると、先述のように「量産車(ノーマル)で十分満足」となる可 能性も高く、アフターマーケットで同3車がどれだけ認知されるかは不透明だ。

 また、世界各地域別で「ジャパニーズ・チューングカー」を考えると、一般論では「新興国で可能性がある」と言われる。モータリゼーションの 発展の過程で、日米欧市場と同じようにチューニングカーの需要が一時期、上昇すると思われている。確かに、中国では2年程前から、北京周辺の環状線で日系 改造車に乗って暴走行為をする連中が出没している。

 しかし、スマートフォン市場の急激な発達などによるウェブ上での情報拡大によって、新興国の若者たちは日米欧の若者より、新しいカルチャー に対して興味が持続する期間が短く、「熱し易く冷め易い」ようにも思える。つまり、「ジャパニーズ・チューニングカー」に飽きるサイクルも、日米よりも短 いかもしれない。

 もしかすると、アメリカでのあのブームが「ジャパニーズ・チューニングカー」にとって世界市場での「最後の大花火」だったのかもしれない。 

http://diamond.jp/articles/-/1480










カシオ【G-SHOCKスピード】カシオ腕時計 【ドルチェ アンド ガッバーナ】D&Gサンドパイパー D&G腕時計(ドルチェ&ガッバーナ)時計DW0537メンズ TEXAS(テキサス)【smtb-k】【w3】 スント コア オールブラック SUUNTO CORE ALLBLACK
★薬用スカルプD スカルプシャンプー オイリー[脂性肌用] ★薬用スカルプD スカルプパック コンディショナー[全肌タイプ用] 【第87弾】6980円で金賞づくし♪タカムラ・スタッフ厳選!!自慢の金賞ワイン赤6本セット TUMI(トゥミ) 26141 DH ALPHA エクスパンダブル・オーガナイザー・コンピューター・ブリーフ ブラック



6:名無しさん@涙目です。(茨城県):2011/11/15(火) 17:24:30.97 ID:nzZK38e10

米国だとスポーツカーは保険が高すぎて
若者がピックアップに流れた。




12:名無しさん@涙目です。(山口県):2011/11/15(火) 17:34:32.23 ID:rfnUaclB0

洋画ワイルド・スピードが悪い





15:名無しさん@涙目です。(茸):2011/11/15(火) 17:38:40.39 ID:shCPebJL0

GT-Rだけポテンシャルが違う気がする





25:名無しさん@涙目です。(関西・東海):2011/11/15(火) 17:57:52.88 ID:aa1i7Ri4O

カワサキグリーンのシビックや、
ポリバケツブルーのインテグラ達が懐かしい 

VISレーシングのエアロが欲しかったわ





27:名無しさん@涙目です。(広島県):2011/11/15(火) 17:59:13.11 ID:lSSGk/bR0

アメリカってPimp My Rideとかに出てくるような車か
アメリカンチョッパーに出てくるようなバイクしか走ってないんだろ?





37:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/11/15(火) 18:05:26.79 ID:q2YRLyR20

ランエボ8から軽に乗り換えたが軽最強だな




45:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/11/15(火) 18:08:18.13 ID:fNf3f0IJ0

アメリカはターボ車の保険が異様に高いんじゃなかったっけ?





46:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/11/15(火) 18:09:24.41 ID:tpfCaq5U0

カマロで広大なアメリカ大陸を横断したら楽しそうだなあ。
黒塗りのタンクローリーに煽られたりとかあるのかなあ。





47:名無しさん@涙目です。(関西・東海):2011/11/15(火) 18:09:37.19 ID:aa1i7Ri4O

ゴールドコーストにいてる日本スポ車は、
ガチで薬してる様な奴しか乗ってなかったわw





51:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/11/15(火) 18:11:12.50 ID:80iXUAfy0

要するにジャパニーズ・チューニングカーってこっちで言うところの
VIPカーに相当する底辺チューニングってことか






55:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/15(火) 18:17:30.88 ID:Xp5zzmgF0

>>1
>そうしたなか、
いまウェブ上で日米欧の若者層から注目が集まっているスポーツカーが、
>2012年発売予定のトヨタ「FT-86」/スバル「BRZ」だ。

これすごいの?





64:名無しさん@涙目です。(徳島県):2011/11/15(火) 18:27:39.90 ID:G0aS1bNu0

>>55
久々のFRスポーツだから期待はしてる





57:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/11/15(火) 18:20:55.42 ID:RWwBLQoQ0

昔取り上げられていたドラッグレースのやつかな
確かにあれはいつかは摘発されるだろ。改造しまくった車が爆音立てて
公道を爆走しているんだから





62:名無しさん@涙目です。(庭):2011/11/15(火) 18:23:45.04 ID:mDoA7nHY0

だが未だにスポーツカーのチューニングは日本車が中心なんだが 

amsとかSSPの35GTRなんか日本のチューニングより進んでる
あと未だにシビックとかがFFドラッグの世界で超人気





65:名無しさん@涙目です。(茸):2011/11/15(火) 18:35:55.66 ID:9KdjHQkY0

日本でも同じだろ

車も乗ってる奴も






77:名無しさん@涙目です。(庭):2011/11/15(火) 19:50:26.39 ID:gCzbedR90

スポコンブームからハマーあたりのSUVに流行が移っていったっけ
正直スポーツカーはもう絶滅するかと思ったけど案外しぶとく残ってるな





87:名無しさん@涙目です。(岩手県):2011/11/15(火) 20:06:30.00 ID:PH8T0BsP0

元記事を読んだが。

日本同様に暴走族扱いでイメージダウンとか言いながら、
アメ車のカスタム車は堂々と展示されてるのなら、
ただの愛国主義じゃん。

矛盾した記事だな。





89:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/15(火) 20:21:06.95 ID:uAyZ5jIW0

アメリカで悪党の車といえば昔からクライスラー系。






91:名無しさん@涙目です。(神奈川県):2011/11/15(火) 20:29:54.34 ID:sOBPJnrb0

そういやワイルド・スピードで使ってる車も
いつのまにかアメ車ばっかだったな





98:名無しさん@涙目です。(愛媛県):2011/11/15(火) 20:49:11.86 ID:TcINlQGK0

反社会的活動の象徴とか
アメなんか銃ぶっぱなしまくってるだろうがw




102:名無しさん@涙目です。(北海道):2011/11/15(火) 20:53:03.08 ID:Esk/kOCD0

ブームに水を差したのは間違いなく映画「グラントリノ」だろう





117:名無しさん@涙目です。(埼玉県):2011/11/15(火) 21:24:23.69 ID:m9gw93BV0

>>102
ワイスピで悪役が乗ってたな






115:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/15(火) 21:19:37.15 ID:Qvv4OXQE0

結局のところ、公道で暴走するってのは
金はかかるし、リスキーだし、で長続きせんのよね。 

それはどこの国でも変わらないって事だな。





120:名無しさん@涙目です。(石川県):2011/11/15(火) 21:25:52.86 ID:YPBMTkoG0

「グラン・トリノ」でイーストウッドと対立するアジア系の
チンピラがスポコン乗ってたな





121:名無しさん@涙目です。(兵庫県):2011/11/15(火) 21:27:03.79 ID:Im5pgLVK0

日本でも死んでる分野じゃね





130:名無しさん@涙目です。(中国地方):2011/11/15(火) 21:41:41.07 ID:gIG5TO3y0

日本人がチョッパーのバイクを嫌悪するような感じなのかな?
まぁ我が国はバイク全般好感触にもたれないが






133:名無しさん@涙目です。(京都府):2011/11/15(火) 21:42:59.79 ID:7GAKTpQZ0

今だに市販車レースゲーを買うと、中堅クラスの半数は日本車だわなw 

初代グランツーリスモに云ったっては
7割が日本車な上に日本車じゃないとクリアできない。





135:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/11/15(火) 21:46:59.06 ID:GaSXLSS80

やっぱ筆書体みたいなインチキ臭い日本語フォントで
「峠」とか「最速」とか「豆腐」とか書いてたりするの?





143:名無しさん@涙目です。(京都府):2011/11/15(火) 21:51:08.32 ID:7GAKTpQZ0

>>135
最近はこんなのが流行ってるみたいよ。
http://www.youtube.com/watch?v=j9xDuIWrxaQ#t=2m06s





137:名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/11/15(火) 21:47:33.81 ID:eRTp3hNl0

ガスの詰め替えがもっとお手軽なら、
ナイトロとか使ってみたいんだけどな





139:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/11/15(火) 21:49:24.78 ID:4BOu/Yby0

「複雑」とか「突起」とか「肋骨」書いてるよ






145:名無しさん@涙目です。(三重県):2011/11/15(火) 21:51:55.92 ID:yhODOwhl0

TPPが成立してフォードシェルビーマスタングGT500か
フォードシェルビーGT350が300万円で買えるならTPPに賛同する





153:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/11/15(火) 21:58:20.78 ID:iRTgtHMp0

9MRまでのランエボ、インプGDB、ホンダタイプRシリーズ、スープラ
あたりは盗まれまくったなぁ
おかげで車両保険高すぎワロエナイ






156:名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/11/15(火) 21:59:17.96 ID:qKqZS/YL0

映画「ワイルド・スピード」でも日本車があんまり出てこなくなったよね
ハコスカが出てきた時はちょっとニヤニヤしちゃったけど





161:名無しさん@涙目です。(京都府):2011/11/15(火) 22:01:29.46 ID:7GAKTpQZ0

>>156
もうスポーツ車をあまり作ってないからね。
中古も20年経って土に帰った。





165:名無しさん@涙目です。(岩手県):2011/11/15(火) 22:09:54.89 ID:oorkppOP0

単純にアメリカの若者も金が無いだけじゃねぇ~の?
サブプライムローン・リーマンの破綻で景気悪化してるだけだと思うけど…





166:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/11/15(火) 22:10:45.46 ID:MeRl76Zq0

1500cc前輪駆動のインプレッサなのにランエボに煽られた思い出
ホリエモンみたいなのが運転してた





168:名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/11/15(火) 22:18:41.41 ID:igmKVycr0

カーキチって昔からエンスー系と走り屋系が
互いに一定の勢力を保ちながら住み分けしてただろ 

そういう下地があったから痛車がすんなり広まったわけで。





177:名無しさん@涙目です。(大阪府):2011/11/15(火) 22:38:17.70 ID:nyzUq5H00

ワイルド・スピード MEGA MAX - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%83%94%E3%83%BC%E3%83%89_MEGA_MAX

映画まだ続編がヒットしてるみたい。





181:名無しさん@涙目です。(愛知県):2011/11/15(火) 22:44:59.88 ID:J1FhxXTx0

この前、駅前のロータリーにある駐車場に、軽自動車の痛車を発見したわ
東方のキャラクターが描いてあった 

黄色い車に黒色でマンガチックに描いてあったから、
一瞬すごい汚れかと思って凝視したら痛車だった





183:名無しさん@涙目です。(愛媛県):2011/11/15(火) 22:49:38.92 ID:IVFyB0sr0

>>181
最近地味な板車増えてきた気がする、そんな感じの
フルカラーじゃなくて、姿かたどったシート張り付けるだけみたいな手軽なヤツ





186:番組の途中ですが名無しです(関東地方):2011/11/15(火) 22:56:17.15 ID:uYlpybsPP

日本は改造車に寛容になったよな。 

少なくとも20年前なら確実に整備不良で
きっぷきられるような車でも今おまわり止めないもん。





200:名無しさん@涙目です。(滋賀県):2011/11/15(火) 23:51:49.62 ID:uhN9CpWo0

>>186
20年前ならもう緩くなり始めてる頃よ
ゆるゆるになり過ぎてまた少し厳しくなった 

音量とかは今の方が厳しいが今時直管とかいねーからな





188:名無しさん@涙目です。(アラバマ州):2011/11/15(火) 22:59:05.57 ID:Q0tuqUnp0

パルプフィクションでブルースウィリスが
元祖シビックに乗ってる姿はなんとも言えなかった





192:名無しさん@涙目です。(宮城県【23:10 震度1】):2011/11/15(火) 23:16:20.06 ID:D6ZFQn130

むしろいまJDMやHellaFlush系で人気が再燃してるんだが…

SEMAみたいな下品なショーだけ見て、それが全てだと思ってんのかね







194:名無しさん@涙目です。(東京都):2011/11/15(火) 23:32:32.34 ID:CNKNTEyr0

俺がやってた走り屋ってのは、人に迷惑をかけなかった
自分だけでやっぱり腕を磨いてた
それがどんどんやってる内に、絶対にこんな事やってたら
人に迷惑をかけてしまう
ということから最終的に、俺はサーキットしかない 

やっぱりサーキットへ行こう。そしてプロになろうって・・・
この放送を聞いてる皆にちゃんと聞いてほしいんだよね
走り屋ってのは暴走族じゃないんだ・・・・
暴走族と走り屋、これはやっぱり、凄く誤解されやすい
人に迷惑を掛けるって事が・・・・ 

これはもう、俺の考えてる暴走族じゃないかな・・・
走り屋って呼ばれるものは、モータースポーツの底辺なんだよ
それはやっぱり、一番考えてほしいなと思う・・・・・・
「走り屋は、暴走族じゃない・・・・・」 


土屋圭一





197:名無しさん@涙目です。(福島県):2011/11/15(火) 23:42:41.15 ID:kY7y2mk40

>>194
おっさんあばさんからしたらみな同じ
ガキがフレンチとイタリアンの何が違うんだよって感じる程度だろ





199:名無しさん@涙目です。(静岡県):2011/11/15(火) 23:48:23.98 ID:eRTp3hNl0

>>194
さすがプロになってからも公道暴走してビデオ撮ったら、ライセンス剥奪
されそうになった男の言うことは違うなww





201:名無しさん@涙目です。(福岡県):2011/11/15(火) 23:55:38.81 ID:59SX1LelP

>>199
若かりし頃のセバスチャンローブは
地元の婆ちゃんが覚えてるぐらいのスピード狂








H11,H8,HB4,H1,H3,H4,H7,,H10,H13,HB3 ◆35W デジタルICバラスト採用(性能アップした薄型タイプ選択可能 SANYO SD JAPAN MAP11 全国版(8GB) (000668N) GWM55SD【税込】 ユピテル ミラー型 GPS内蔵 レーダー探知機 3.2インチTFT液晶 YUPITERU Super Cat GOLD LABEL ALPINE(アルパイン) DDL-RT17S DDリニア17cmセパレートスピーカー

PCDNY-B DENSO デンソー 車載用プラズマクラスターイオン発生機 ブラック(シャープIG-BC15のデンソー仕様※8時間OFFタイマー機能付)PCDNYB★【a_2sp0902】 KEIYO AN-T004 車載用地上デジタルチューナー フルセグ/12セグ/地デジ/ワンセグ GP SPORTS【Gullflame】アルミホイール [ ガルフレイム] 18×9.5J+15 ブラックバージョン カロッツェリア TS-C1710A 17cmセパレート2ウェイスピーカー 

関連記事

| 海外ニュース | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://car005358.blog101.fc2.com/tb.php/1055-492083ef

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。