ベアリング2ch自動車・バイクニュース

バイク・自動車関連の情報・ニュースです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 古代ローマ軍の歴史




























ローマ帝国(ローマていこく、羅: Imperium Romanum)は、古代ローマがイタリア半島に誕生した都市国家から、地中海にまたがる領域国家へと発展した段階以降を表す言葉である。従って厳密には古代ローマの体制が共和制だった頃を含んでいる。最盛期には地中海沿岸全域に加え、ブリタンニア、ダキア、メソポタミアなど広大な領域を版図とした。シルクロードの西の起点であり、古代中国の文献では大秦の名で登場する。


帝国という訳語があてられている事から、狭義にはオクタウィアヌスがアウグストゥスの尊称を与えられた紀元前27年からの古代ローマを指す場合もある。しかし、本来の表現からすればこの場合は帝政ローマ、またはローマ帝政期とした方が正確である。



ローマ帝国という名称を名乗る国家としては、神聖ローマ帝国が1806年の帝国解散の詔勅による滅亡まで存続しているが、既にこの当時はドイツ民族による大小の国家連合体となって長い時間が経過しており、帝国解散の詔勅自体が「ドイツ帝国」の名で出されている上、旧東西ローマ帝国の滅亡時に正統な後継国家として認証されている訳ではない、自称ローマといえる。


また東ローマ帝国はギリシア系住民が多い地域を支配していたために、古代ローマ時代に比べてギリシア文化の影響力が強くなり、古代以来の統治機構がイスラムの侵攻などによって崩壊したことなどから、ヘレニズムとローマ法、正教会を基盤とした新たな「ビザンツ文明」とも呼べる段階に移行した。そのため同時代の西欧からも「ギリシア人の帝国」と見なされ、後世からも「ビザンツ帝国」「ビザンティン帝国」等と呼ばれる場合が多い。


そのため単に「ローマ帝国の滅亡」と言ったときには、476年の西ローマ帝国の滅亡を指すのが一般的である。また、制度上の最後の西ローマ皇帝ユリウス・ネポスが殺害された480年と考えることもできる。



ただし、東ローマ帝国は分裂以前のローマ帝国から断絶なく連続している政体であり、帝国政府や住民も、あくまで自らをローマ帝国と自認していた。西ローマ帝国の滅亡後もカール大帝の戴冠までは西欧からもローマ帝国とみなされていたし、イスラム帝国や、東ローマを最終的に滅ぼしたオスマン帝国も、この国を「ローマ帝国」(ルーム)と認識していた。


いつの時点をもってビザンティン帝国へと変質したのか明白に定義づけができないため、エドワード・ギボンが『ローマ帝国衰亡史』で示したように、1453年5月29日の東ローマ帝国の滅亡をもってローマ帝国の滅亡と考える者も多い。井上浩一も「ローマ帝国はいつ滅びたのかという問いに、法理論的に答えるならば、一四五三年五月二九日ということになるのである。」としている(『生き残った帝国ビザンティン』講談社〈2008年 講談社学術文庫〉)。




※この記事に続きはありません











関連記事

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 13:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://car005358.blog101.fc2.com/tb.php/1846-40a164e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。