ベアリング2ch自動車・バイクニュース

バイク・自動車関連の情報・ニュースです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 深海・青い砂漠













しんかい6500は、独立行政法人海洋研究開発機構が所有する大深度有人潜水調査船。2012年現在、世界で二番目に深く潜れる、運用中の潜水調査船である。「しんかい2000」の運用実績をもとに1990年に完成し、2002年11月には「しんかい2000」が運用休止となったため、日本で唯一の大深度有人潜水調査船となっている。



しんかい6500は、その名称が示す通り、6,500mまでの大深度の潜水調査を目的とし、その主な任務は、

・地震、地殻を構成するプレートの沈み込み運動、マントル中のプルーム運動など地球内部の動きの調査。
・深海生物の生態系、進化の解明。
・深海生物資源の利用と保全に向けた調査。
・海底に堆積した物質、海底熱水系の調査を通した地球の熱・物質循環の解明。

と位置づけられている。



自然科学調査を主目的とするフランス、自然科学および軍事を目的とするアメリカなどの保有する大深度有人潜水調査船を上回る6,500mという目標性能が設定されたのは、日本が世界有数の地震国であり、上記任務のうちでも、巨大地震予知に関連するプレート運動の観測が重視されたためである。日本列島の太平洋側海溝で沈み込む海洋底プレートは、およそ水深6,200~6,300m付近で曲がり始めており、地震予知の研究には、それら地点の重点的観測が必要と考えられている。


1989年1月19日、三菱重工業神戸造船所(兵庫県神戸市兵庫区)において進水式が行われ、一般公募により「しんかい6500」と命名された。同年、メーカーによる公式試運転において潜航深度6,527mを記録した。1990年に完成、翌1991年より調査潜航を開始、日本近海だけでなく、太平洋、大西洋、インド洋等で、海底地形、深海生物などの調査を行っており、2007年には通算1000回目の潜航を達成した。




※この記事に続きはありません








関連記事

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 12:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://car005358.blog101.fc2.com/tb.php/1856-51cd3884

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。