ベアリング2ch自動車・バイクニュース

バイク・自動車関連の情報・ニュースです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 分解 ボーイング747











ボーイング747とは、(B747, Boeing 747)とは、アメリカ合衆国のボーイング社が開発したワイドボディ・ジェット旅客機である。


ボーイング747は、大量航空輸送の時代に新たな1ページを開いた革新的な機体である。
初飛行から40年を経た現在においてもトップクラスの座席数、収容力を誇り、ジャンボジェット、あるいは単にジャンボ機とも呼ばれている。


アメリカ空軍の次期戦略輸送機計画に提出する機体として設計された大型軍用輸送機をベースとしており、当時出現が予想されていた超音速旅客機の就航後は貨物機に転用することを想定していた。 1階部分を全て客席とし、2階部分にコクピットを置く設計はこの構想による。
(現に、貨物機型のボーイング747では、機首部分が大きく上に開くノーズカーゴドアが設置されている。)


座席数400を超える、途方もない収容力は過大であると考える航空会社も多かったが、その分1席あたりのコスト、すなわち運賃が下がることとなり、空の旅をより身近にする結果となった。


日本の空においても、主要な航空会社が軒並み採用しており、身近な機体といえる。 特に日本航空は一時期世界最大の保有機数の記録を持っていたこともある。


現在では、初飛行から40年を経て、エンジンの性能が劇的に向上したため、より燃費の良い双発機に活躍の場を奪われ、旅客型の退役が進みつつある。前述のように、一時は世界最大の747運航者であった日本航空においても、2010年度をもって保有機材全てを退役させている。


ただし、貨物型の需要は旺盛なので、747の活躍はまだまだ続きそうである。





※この記事に続きはありません









おいしい天然水を採水地からお届け!



関連記事

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 13:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://car005358.blog101.fc2.com/tb.php/1866-a55597bd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。