ベアリング2ch自動車・バイクニュース

バイク・自動車関連の情報・ニュースです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 【Top Gear】Series12 Episode1




























ランボルギーニ・ガヤルド (Lamborghini Gallardo) は、イタリアの自動車メーカーランボルギーニが製造するスポーツカーである。


ガヤルドは、過去に存在した“ベビー・ランボルギーニ”の後継モデルとして発表された。スタイリングはムルシエラゴ同様、ベルギー人デザイナーのルク・ドンカーヴォルケによって主導されている。車名は闘牛名ではなく、18世紀スペインの闘牛飼育家であるフランシスコ・ガヤルドから取られている。


エンジンは、バンク角90°を持つ水冷V型10気筒エンジン。アルミ鋳造製のシリンダーブロックは、アウディ製のものとベースは同じ。重心を下げるため広いバンク角度を採用しているが、等間隔燃焼を実現するためにクランクピンを18°にオフセットしている。排気量は5Lであり、500psを発生している(1L当たり100ps計算)。ボア×ストロークが82.5mm×92.8mmという、ロングストローク仕様であるため、低回転域のトルク特性に優れている。さらにレッドゾーンは8,200rpmからとなっている。2006年モデルより排気系の見直しで520psへと出力が向上した。


エンジン搭載形式はミッドシップだが、これだけの出力になると2輪駆動ではトラクション確保が難しいとされたため、対策として4WDシステムが採用されている。本車種における4WDシステムは、低重心化も兼ねてエンジンと共に構造限界まで下げた状態で搭載されている。また複雑な制御で知られるアウディ製クワトロシステムではなく、シンプルなビスカスカップリング式センターデフを使用しており、その点はディアブロに準じる基本構成となっている。


ボディは発売当時からアウディ製のアルミスペースフレームで構成されている。[2]なおボディ単体での車重量は250kgと軽量である。総車体重量は1,430kgと公称されている。ランボルギーニ伝統の低い全高は受け継がれており、全高は116cm。


本車種は、日常使用の使い勝手を向上させるため、スイングアップドアは採用されず、一般的な前ヒンジの横開きドアとなっている。また、2005年モデルよりフロント部車高を少し上昇させることが可能となっている(日本仕様では標準装備)このシステムは油圧式であり、車高を上げた状態でも70km/hで走行でき、またタワーパーキングでの入庫が可能となっている。


2009年7月にマイナーチェンジが行われ、ランボルギーニ伝統の「LP」が付けられた「LP560-4」が発表された。これにより、5.2L直噴エンジン(最高出力560ps 55.1kg·m)、1,420kg、4WDのスペックとなり、ドイツ国内では2009年のベストスポーツカー賞を受賞した。なお、この2009年仕様エンジンは親会社であるアウディのスペチアーレ「R8 5.2LFSI」にも採用されている。






※この記事に続きはありません









関連記事

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 12:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://car005358.blog101.fc2.com/tb.php/1954-37c1eacb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。