ベアリング2ch自動車・バイクニュース

バイク・自動車関連の情報・ニュースです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 【GT5】僕らの憧れ!絶版・リトラクタブルカーズ、【Forza4】僕らの憧れ!リトラクタブル・カーズ【絶版車】













リトラクタブル・ヘッドライト(Retractable headlights )は、車体内部に格納できる方式のヘッドライトである。主として自動車に用いられる。


通常のヘッドライトは自動車の前部に固定して据え付けられているのに対し、リトラクタブル・ヘッドライトは、消灯時はボンネット内部に埋没しており、点灯時のみ外部に展開される構造となっている。格納時は空気抵抗の減少に繋がるため、一種のエアロパーツと言うこともできる。


リトラクタブル・ヘッドランプ、格納式前照灯とも、また自動車愛好家の間では、リトラクタブル、リトラとも略される。


格納式(可動式)ヘッドライトとしてはほかにポップアップ式ヘッドランプがある。



日本では1967年のトヨタ・2000GTで最初に採用された。1970年代後期以降スーパーカーブームをきっかけとして一般に広く認知され、マツダ・サバンナRX-7をはじめとするスポーツカーに採用されたため、当時はスポーツカーを象徴する代表的なパーツと見られるようになり、自動車愛好家の羨望の的となった時期もあった。このため、男児向けの自転車にも手動リトラクタブルライトを採用したものがあった。1980年代に入るとホンダ・アコードやホンダ・クイントインテグラ、トヨタ・ターセル(「リトラ」シリーズ)、マツダ・ファミリアアスティナなどをはじめとするセダン形やハッチバック形乗用車にまで採用され、一時的なブームともいえる状態となった。スーパーカーブーム時代の少年たちが成人したのちに「憧れ」を実現しようとしたことが影響しているとも指摘されている。



今日では次のような理由から採用する車種が全世界的に著しく減少している。



安全面・信頼性の問題


開閉機構が複雑で部品点数が増加し、コスト面と信頼性で不利。
突出したライトは、対人事故の際、対象に重度の傷害を与える恐れがある。
事故時や、寒冷地での凍結時ではライトが展開しなくなる恐れがある。


実用上の意義の希薄化


展開時、空気抵抗が増大する。
北米におけるライト最低地上高規制の緩和。
プロジェクターライトやマルチリフレクター式のライトの実用化。配光をレンズカットにより行う必要が無くなったことなどから、それまで垂直にならざるを得なかった前面レンズが単なるライトカバーとなったため、スラントさせたり任意の曲面とすることが可能となり、空力やライトデザインの制約が大きく減った。


開閉機構を装備することによる重量増。軽量化が要求されるスポーツカーでは好ましくない。特にフロントオーバーハング部の重量増は車両の回頭性が悪化するため、スポーツ走行には向かない。マイナーチェンジでリトラクタブルを廃止する例(三菱・GTO、ホンダ・NSXなど)や軽量化を目論んだサードパーティー製固定式ヘッドランプの登場例(マツダ・RX-7、日産・180SXなど)も存在する。


一部の国や地域ではヘッドライトの走行時終日点灯を義務付けている。そのような場合は走行中にライトを格納していることがないため、装備する意味がほとんどない。


2002年8月、マツダ・RX-7の生産終了を最後に日本製乗用車での採用例は消え、2005年2月11日、シボレー・コルベットのフルモデルチェンジを最後に、リトラクタブル・ヘッドライトは新車市場から消滅した。


現在でもスタイリング面の魅力などから、リトラクタブル・ヘッドライトの車は人気が高い。しかし現在では安全基準の問題から、新規開発・販売は困難とされる。




※この記事に続きはありません









関連記事

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 12:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://car005358.blog101.fc2.com/tb.php/1974-a00fc36c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。