ベアリング2ch自動車・バイクニュース

バイク・自動車関連の情報・ニュースです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 【バイクビデオ】基本テクニック リーン編、ブレーキング編、ギヤチェンジ編、隼の乗り方






















 ドゥカティは第二次世界大戦以前はカメラやラジオなどの電気製品を扱う製造業であったが、第二次世界大戦で大きな損害を被り、産業復興公社の支援のもとオートバイ製造に乗り出すこととなる。



同社は比較的初期からレースへの参戦を行っており、レースで得たデータを積極的に公道用市販車にフィードバックしている。そのため、WSB参戦時代の市販車とレーサーは非常に密接な関係にあった。また、過去にはMotoGPレーサーに保安部品を取り付けただけの準レーサーともいえるオートバイを市販したこともある。その時の金額は866万2500円でオートバイとしては超高額の部類であるが、GPレーサーとほぼ同じ構造のオートバイが限定販売とはいえ一般ユーザーでも手に入れられるということを念頭に置くと、むしろ破格であるといえよう。


同社のオートバイはいくつか特徴があり、旧車と一部の車種を除くほぼ全てがコグドベルト駆動のデスモドロミック90度V型2気筒エンジン(同社はこれを「Lツインエンジン」と称する)を鋼管トレリスフレームに搭載する。かつてはドゥカティ=壊れやすいというのが常識であったが、電装を日本製に変更したり、工作機械の精度を上げることで、2007年モデル付近からは国産と比べても遜色のない耐久性を獲得している。


 余談になるが、排気音シリーズで最も動画と実車の排気音が違うのはドゥカティではないだろうか。動画を見て「Ninja250Rじゃんwww」とか笑っている諸君、是非一度実車の音を聞いてみることをお勧めする。


 2012年4月18日、ドイツの自動車メーカーであるアウディ(Audi、フォルクスワーゲングループ傘下)が、ドゥカティの親会社である投資会社から株式を取得し買収された。





※この記事に続きはありません







関連記事

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 12:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://car005358.blog101.fc2.com/tb.php/1985-0f2c09ab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。