ベアリング2ch自動車・バイクニュース

バイク・自動車関連の情報・ニュースです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 【日本の技術力】スパコンで復活する日本の翼【YS-11からMRJへ】、【日本の技術力】国産旅客機開発に挑む男たち【MRJ】















MRJは日本で開発中の小型旅客機である。三菱重工業が開発してきたが、2008年より子会社の三菱航空機に移っている。正式名称は三菱リージョナルジェット (Mitsubishi Regional Jet)である。


開発を手がけるのは、YS-11、ひいては戦時中に零戦を作り上げた、三菱重工業。


後に、本機の開発のために、開発部門が三菱航空機として独立し、以降は同社が開発を続けている。


2003年より開発開始。
2013年度第3四半期に初飛行。2015年度に量産機の納入を予定している。
2024年までに1000機を販売することを目標とする。


平たく言えば、そこそこの乗客・貨物を積んでそこそこの距離を飛ぶ中規模ジェット旅客機のこと。


国内線などの、比較的短距離・小規模なフライトに使われる。
大規模・大輸送量のジャンボジェットではオーバースペックになるような航空路を効率的に結ぶための旅客機である。


もっとも、このような中小規模旅客機の概念自体はジェット機誕生前から存在したものであり、そもそもYS-11も、多くはこのような用途に用いられた機体である。


これまでは、プロペラ機と比べて速度では勝るものの運用費用と燃費では比べ物にならず、長距離フライトにおいてジェット旅客機が主流となってからも長らく、中~短距離フライトではプロペラ機がなお主流であった。


が、1990年代に入り技術の十分な発展によって運用費用が大きく削減されたことで、これらの中~短距離フライトにおいてもジェット機の優位性が高まり、世界中の航空機メーカーがこれに適したジェット機=RJを開発・販売することを発表したのである。


現在、既に業界最大手であるカナダ・ボンバルディアとブラジル・エンブラエルが約1500機ずつを納入しており、市場を独占したかに見えたが、新興国の隆盛や各航空会社の再編などによってその需要はますます拡大しており、その世界中の航空機メーカーにとってもっとも熱い市場となっている。




※この記事に続きはありません







関連記事

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 11:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://car005358.blog101.fc2.com/tb.php/1993-d02d158b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。