ベアリング2ch自動車・バイクニュース

バイク・自動車関連の情報・ニュースです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 膨大な食事需要















レーション(英:ration)とは、各国の軍人の朝食・昼食・おやつ・夕食・夜食のことである。


本来は「割り当て」「支給」などを意味しており、軍隊で支給される配給品(歯ブラシや手袋など)全てを指す語であったが、最近では作戦行動などに当たって個人に支給される携行糧食(コンバットレーション)のみを指す場合が多い。


携行糧食は、携行性や保存性を考慮し、缶詰またはレトルトパックを組み合わせたタイプが現代では主流となっている。また携行される関係上、簡易燃料やポケットティッシュやなどの身の回り品などが同梱されることもある。
また、糧食の中には缶などで包装された物もあるため、兵士は必ずアーミーナイフ(十徳ナイフ)を携行し、有事の際にはアーミーナイフの缶切りなどを使用する訓練を受けている。



レーションは「兵士を戦闘可能な状態に維持する」「大量に生産・消費され、補給路遮断を考慮して長期間保存されることがある」「戦地に置かれ、火も水もない状況での維持食たりうる」「末期の食事になるかもしれない」といった様々な前提のもとに作られている。高いストレスと死の恐怖に晒される交戦地域では「食事」も兵士や将官の士気に響くため、ある程度自国民の味覚や好みに配慮した、またはバリエーションを増やしたレーションが多い。



その内容物は包装に至るまで「各国の事情をパックしている」と言われており、味に特化したフランス、ティータイムを重視したイギリス、デザートにワインつきのイタリア、肉料理にこだわるドイツ、異色の「米飯+おかず」という形態の日本、実用本位のアメリカ、寒地のため熱を加える事前提のロシア・中国など、国ごとに内容物が違う。中にはモンゴルのように大量の軽食様の食品を袋詰めしておき、兵士は常時それをボリボリ食べるというレーションもある。



また、係争中でない国同士の軍人は平和的に接しており、特に複数の国の将兵が一堂に会した時はレーションの大交換会が催されることもある。最も高く評価されるのはフランスのレーションだが、「異色」の日本も概ね好評を得ており、自衛隊がカンボジアに派遣された際での交換会は参加国32ヶ国中で「戦闘糧食II型」が最も人気があったといわれている。



些か失礼な話だが、軍事趣味者としても「味」について評価がもっとも気になるところであり、よく「一番美味なのはどこの国のレーションか」等と議論になる。各所のWEBサイトなどではフランスを筆頭に、イタリア・ドイツや自衛隊の戦闘糧食などが好意的に評価されているが、ほとんどのサイトで「一番マズイ」として槍玉に挙げ、またレーションネタでオチをしめる役回りが多いレーションが、米国のレーション「MRE(Meal, Ready-to-Eat)」である。


このMRE、特に1981年頃から支給された初期型MREには様々な蔑称がつけられ、「誰もが食べることを拒否したメニュー(Meals Rejected by Everyone)」や「食べ物に似た何か別の物体(Materials Resembling Edibles)」、極めつけはタイトルの「(当時飢餓状態に置かれていた)エチオピア人さえも拒絶するメシ」である。


この開発初期のMREはまさに大量生産保存性最優先のマクドナルティックレーションであり、その味はさながらヨハネスブルグのガイドラインで列記できそうなほどまずく、味覚オンチと揶揄されるアメリカ人でさえ拒否反応を示し、初期MREは残飯が40%も出て兵士の必要カロリーが補いきれなかったであろうという報告が出た程である。


現在のMREではそのまずさはいくらか改良されているが、現在でも「マズイ」糧食の比喩表現として使われる。


一部には「レーションの味と戦争の強さは反比例する」などと言う話もあるが、あまりアテにはならない。


「心身の健康を保つ」ことが料理の存在意義である以上、特に長期の絶食状況に置かれる可能性を考慮して、レーションは栄養に付いての配慮がなされている。保存が効き大量に備蓄されていて、カロリーが高く調理しなくても食べられるため、災害などの際に民間にも配給されることがある。ただし兵士(≒激しい運動を行う者)が食べることを基準として作られているため、長期連食した際には栄養バランスの点でやや難がある(そもそもレーション自体長期間の連食は想定していないことが多い)。


また、上述のように、各国レーションはできるだけ「自国の味」を再現しつつ栄養も考慮されて製作されている場合が多く、レーションのみで最低限の必要栄養素を満たせるように想定されている。つまり、レーションの中身は兵士の激しい運動に堪えうるように高カロリー(一般に3,000~4,000kcal、体力の減耗が激しい厳寒地では最高7,500kcal、成人男性が1日に必要なカロリーは約2,300kcal)なメニューになっているので、もし食べる機会があったとしても、相応のトレーニングメニュー(ビリーズブートキャンプ等)を科さなければ急速に太ってしまうだろう。


また、自衛隊の災害派遣の際には被災者感情に配慮し、缶メシ(戦闘糧食I型)から赤飯を外しているという。


レーションといえど各国軍隊の軍需物資であり、国民の血税で作られる官品である。通常、これらは軍隊内で配給され軍隊内で消費されることが義務付けられているため、上記のような災害時等のケースでもなければ「食用の」正規レーションが民間に出回ることは基本的になく、ましてや金品と取引されることはありえない。もしあったならば官品横領の罪で逮捕されることさえある(外国では実際にレーションを横領したグループが逮捕されている)。


よって、しばしば「実物レーション」として出回るものは、長い期限の間食べられず、軍内でも必要要件を満たさなくなった古いレーションを「観賞用グッズ」という建前で払い下げられたようなものがほとんどである。そのような場合、あくまでそれはコレクターグッズであり、「食品」としての健康的保証は一切されていないので留意されたい。


しかし、最近は企業が民間向けにカジュアル仕様にした「ミリメシ」を販売する場合もある。例えば乾パンなどは現在支給されている物とほぼ変わらないものが民間で売られている。自衛隊で採用されている小形乾パンのメーカーは三立製菓、大形乾パンのメーカーはカニヤであり、これはいずれも商品合格基準が厳しいだけで、モノ自体は民生用として普通に販売されているものと同じものである。


また、自衛隊の朝霞駐屯地では民間向けのPX内でレーションと同等の「災害保存食」が販売されている。他、民間で売られている「災害用保存食」も、原理的にはレーションと同様の性質を帯びているといえよう。




※この記事に続きはありません





関連記事

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 16:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://car005358.blog101.fc2.com/tb.php/2083-b16798e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。