ベアリング2ch自動車・バイクニュース

バイク・自動車関連の情報・ニュースです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 海上自衛隊 の実力とは・・








海上自衛隊とは



公式英名は「Japan Maritime Self Defense Force」…JMSDF。だが、これまた諸外国からは「日本海軍」と呼ばれている。


その発足当時から、旧帝国海軍の伝統を色濃く受けつぐ組織となっている。
これは太平洋戦争後、旧海軍が解体されることとなったが、機雷掃海を続行するため海軍の一部は海上保安庁に組織を移り活動は続けており、また、旧海軍中枢の軍令部作戦課も名前を変えて人材を残していた。


旧海軍上層の将官達は形を変えて残しているこれら人材と組織を元に海軍を再編成しようと考えていたようだが、国内の動きは鈍く水上兵力再軍備の流れは一向に生まれなかった。
らちが明かないと感じた再軍備派は朝鮮戦争を前後して、アメリカ海軍士官と接触。水上兵力再軍備を訴えた結果、極東地域における水上兵力の補助という名目で、アメリカ海軍経由からの海軍再組織が伝えられた。


これにより国内の法整備が進み、海上警備隊が組織。あわせて、海上保安庁にあった掃海部隊とあわせて海上自衛隊が組織された。このあたりの物語についてはNHKの番組でも取り上げられたことがある。



上記のような経緯を経たために海上自衛隊は海軍の末裔を自負している。
それは行動様式から海軍カレー、はたまた時折新聞を賑わせる私的制裁問題など、(良い意味でも悪い意味でも)海軍の伝統を色濃く受け継いでいるようだ。そのため他の自衛隊からは「伝統墨守・唯我独尊」といわれる一因にもなっている。ただし海保と海自の設立の経緯、関係から「旧海軍の末裔は海保、海自は旧海軍の残党」とも言われることがある一方、今も続く海自と海保の関係性の歪さがあるのも否めない。


太平洋戦争時に潜水艦によって海上輸送路を寸断させられた過去と、あくまでもアメリカ海軍の役割分担という兼ね合いから対潜水艦戦と機雷掃海について重点的に装備が行われた。が、80年代を境に急速な勢いで艦艇を整備、イージス艦をはじめとして各種装備を整え、世界でも有数の水上兵力を整えた海軍組織となった。


主戦力は、護衛艦約50隻。潜水艦16隻。P-3Cなど航空機が200機という編成。



2010年現在、海上自衛隊が運用する部隊は自衛艦隊として集約され、自衛艦隊以下には、護衛艦隊、潜水艦隊といった艦隊部隊、航空機を運用する航空集団、その他掃海隊群などの直轄部隊によって編制されている。


水上艦艇である護衛艦を運用する護衛艦隊は、大きく機動運用部隊と地方配備部隊に分かれる。


機動運用部隊は4つの護衛隊群(横須賀、佐世保、舞鶴、呉)に分けられ、さらに護衛隊群では4隻程度により構成される2つの艦隊を編制している(DDGグループ/DDHグループ)。
従来まで、これらの護衛隊群は護衛艦8隻+搭載ヘリ8機による「88艦隊」を編制していたが、昨今の弾道ミサイル防衛やヘリの集中運用能力に特化したDDHと呼ばれるヘリ搭載護衛艦の配備が行われたため、より小規模で小回りのきく艦隊編制となったといえるだろう。     


その艦隊編制はアメリカ以外で初めてイージス艦を配備するなど、水上兵力の観点からいえば空母がないとはいえ非常にバランスの取れたものといえるだろう。


例えば英国、仏海軍等は空母を持っているが故にバランスのやや悪い艦艇編成になってしまっている(空母以外の水上戦闘艦艇は20隻程度と規模が小さく、防空能力は空母に依存など)。この一因には欧州の軍事バランスの変化に伴い諸外国が任務を分担しうる状況であるため、というのもある。


これに対して海上自衛隊の護衛艦隊では、弾道ミサイル防衛/防空任務を行うDDGグループ、対潜水艦任務等などを行うDDHグループという二種類の艦隊を組み合わせて運用が出来るほか、4個護衛隊群によるローテーション配置が可能のため、その稼働率は極めて高いといえるだろう。


このほかにも補助艦艇でもアメリカ、イギリス以外に補給艦も高速なもの運用しているのは海上自衛隊ぐらいなもののため、インド洋などの重宝されるのはそれ相応の理由があるようだ。旧海軍時代からみると組織は小さいものの、外洋海軍(ブルーウォーター・ネービー)と言ってもおおげさではない規模ともいえる。




※この記事に続きはありません







関連記事

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 17:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://car005358.blog101.fc2.com/tb.php/2091-5daa4973

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。