ベアリング2ch自動車・バイクニュース

バイク・自動車関連の情報・ニュースです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] CCVスズキジムニー










スズキ・ジムニー(jimny)とは、1970年からスズキの生産している4輪駆動の軽自動車である。派生系として普通自動車登録のジムニーシエラがある。北米ではサムライの名称として知られている。この項では特記事項以外は基本的に軽自動車のジムニーを説明する。


なお、海外ではスージーのあだ名で知られている。


生産開始以来、今日に至るまで「ラダーフレーム・副変速機付4輪駆動・リジットサス」を堅持する本格的な4輪駆動車として根強い人気を保っている。特筆される点として、先述の軽でありながら本格的な4輪駆動車としての構造もさることながら、モデルチェンジのスパンが非常に長い事があげられる。現行は3代目であり、モデルチェンジは1998年である。すでに14年目となっているが、4年に1度のサイクルが多い日本車の中では非常に特異である。


アフターパーツが豊富に取りそろっており、各地にジムニー専門店が存在する。




ジムニー誕生を語る上で欠かせない存在が、ホープスターON型・4WDである。ホープ自動車が開発したON型は当時の軽免許で運転可能でありながら、道を選ばない走破性が売りであった。1967年に発売された当時、4WDと言えば、国内勢ではトヨタ・ランドクルーザーや日産パトロール(現在のサファリ)、三菱ジープぐらいしかなく、いずれも比較的大型かつ高価な車であった。車体はハンドメイドであり、エンジンやドライブトレーンの一部には三菱製のものを使用していた。


しかし、これほどまでに先進的な車であったON型は当時のカローラより高い車体価格などが災いし、販売はさっぱりであった。一説には現存車は2台しかないといわれている。かねてより自動車業が不振であったホープ自動車は完全に撤退をする事になった。余談だが、ホープ自動車はその後、業種転換して遊園地機具の会社として再興している。


さてホープ自動車では先駆的なON型をこのまま闇に葬るのは忍びないと考えたのであろう。まず部品調達をしていた三菱自動車に製造権の譲渡を打診した。しかし三菱自動車はジープのライセンス生産をしていたため、この打診は拒否した。次にホープ自動車社長が打診した相手はスズキ自動車であった。以前より部品の融通など親交のあった現スズキ自動車社長の鈴木修氏がその当時、東京支店の責任者という事で打診をしたが、その悪路走破性などに鈴木氏は注目し、その製造権を買い取った。


ここまでの顛末について周りの社員はかなり批判的であったとされ、散々な言われようだったらしいが、まったく意に介さず、むしろその先駆性に未来があると鈴木氏は踏んだのであろう。


かくして、ホープスターON型・4WDを性能そのままに量産に適した設計とした結果、ジムニーが誕生するのである。もし、鈴木氏がホープスターON型の可能性を見出せていなければ、ジムニーの誕生はもちろんなく、10年以上はこのジャンルは立ち遅れていたであろう。





※この記事に続きはありません







関連記事

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 15:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://car005358.blog101.fc2.com/tb.php/2150-0902374a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。