ベアリング2ch自動車・バイクニュース

バイク・自動車関連の情報・ニュースです。

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 軽ミニバンどれが一番!?









スズキ・ワゴンRとは、スズキが1993年より製造・販売するトールワゴン(ハイトワゴン)型軽自動車である。   ワゴンR


1993年に発表・発売開始。1991年に発売された同社のアルトハッスルがモチーフとされている。過去にはなかったトールワゴンという開放感、運転のしやすさなどから爆発的に売れて、他社も対抗車種の展開を求められた。(ダイハツ→ムーヴ、ホンダ→ライフ、三菱→トッポBJ、スバル→プレオ ・・・など)
現在でもかなり売れていて、スズキの基幹車種のひとつ。


マツダに「AZワゴン」という名前で1994年からOEM供給している。五代目が登場をした2012年には、名称を「フレア」に変更をしている。


1998年に軽自動車の規格変更に合わせて初のフルモデルチェンジを行い、二代目に進化をしたがキープコンセプトであった。2003年に三代目のフルモデルチェンジを行い、2007年より「スティングレー」というスポーティーモデルを発売。2008年9月に四代目のフルモデルチェンジを行い、2012年には4度目のモデルチェンジで五代目となり、減速時エネルギー回生機構「ENE-CHARGE(エネチャージ)」機能を搭載をし、クラストップレベルの低燃費を実現化。




※この記事に続きはありません




≫ 続きを読む

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 14:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 低炭素社会に踏み出せるか ~問われる日本の進路~








低炭素社会(ていたんそしゃかい, Low-carbon society)とは、二酸化炭素の排出が少ない社会のこと。低炭素型社会、脱炭素社会ともいう。低炭素経済(ていたんそけいざい, Low-carbon economy)は経済システムを重視した概念であるが、基本的には同じである。




※この記事に続きはありません


≫ 続きを読む

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 14:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 溶接という技術









溶接(ようせつ)は、材料の接合部に連続性を持たせ接合すること。熱又は圧力もしくはその両方、さらに必要があれば適当な溶加材を使用して、部材を接合する方法。溶接、圧接、ろう接に分類される。 。


かつては鎔接や熔接の文字が利用されていたが、「鎔」「熔」ともに当用漢字に入れられなかったため、同音の「溶」で同音の漢字による書きかえがされることになった。


溶接は青銅器時代(ろう付,メソポタミアのレリーフ)からも見出され、日本では弥生時代の銅鐸にも溶接の跡が発見されている。現代では、東京スカイツリーをはじめとした建設業、自動車産業、宇宙工学、造船などの先端技術だけでなく生活をささえる基本的な古くて新しい技術である。




※この記事に続きはありません




≫ 続きを読む

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 12:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] ランボルギーニ・アヴェンタドールができるまで






































※この記事に続きはありません



≫ 続きを読む

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 16:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 城 ~戦の跡 夢の跡~


















穴太衆(あのうしゅう)は、日本の近世初期にあたる織豊時代(安土桃山時代)に活躍した、石工の集団。主に寺院や城郭などの石垣施工を行った技術者集団である。石工衆(いしくしゅう)、石垣職人(いしがきしょくにん)とも称す。「穴太」の歴史的仮名遣での読み仮名は「あなふ」である。


穴太衆は、近江の比叡山山麓にある穴太(穴太ノ里[あのうのさと]などとも俗称。現在の滋賀県大津市坂本穴太。延暦寺と日吉大社の門前町・坂本の近郊)の出身で、古墳築造などを行っていた石工の末裔であるという。寺院の石工を任されていたが、高い技術を買われて、安土城の石垣を施工したことで、織田信長や豊臣秀吉らによって城郭の石垣構築にも携わるようになった。それ以降は江戸時代初頭に到るまでに多くの城の石垣が穴太衆の指揮のもとで作られた。彼らは全国の藩に召し抱えられ、城石垣等を施工するようになったというが、不明な部分も多い。


現代でも、坂本の町に多数立ち並ぶ「里坊(さとぼう)」と呼ばれる延暦寺の末端の寺院群は、彼らの組んだ石垣で囲まれ、町並みに特徴を与えている。


石垣職人としての後藤家の始まりは、後藤基次が加藤清正からしばしば伝授を受けてきた事により、『城石垣始秘伝抄』の「城取りの石垣の事」においてうかがえる。しかし、又兵衛は大坂夏の陣において討死にする事となる。夏の陣の前に又兵衛は腹違いの弟である彦八(後の初代後藤杢兵衛)に対し、自分の最後が近づいたのを悟り、これまで学んだ成果を『石垣根元抄』として、元和元年(1615年)4月に伝授する事となる。この書は、「元和8年(1622年)以来家宝とし、一子相伝の他これを許さずのもの也」として、以後、後藤家最大の財産となる。後藤家が関わった石垣として、加賀藩金沢城がある。


現在も穴太の技術を継承しており、株式会社粟田建設として、十三代目から始まり、今は十五代目が活動を行っている。


北垣聡一郎の『近江の石垣築成者 穴太衆』(1976年)によれば、粟田氏の話として、「先祖は阿波国から来た」と語っていたとしている。




※この記事に続きはありません




≫ 続きを読む

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 13:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] ホットハッチ選抜5台 筑波5LAPSバトル!









ルノー( Renault )とは、フランスの自動車会社である。


ルノー(Renault S.A.S.)は、フランスのパリに本社を置く自動車製造会社で、先進的なデザインと優れた安全性能と品質に定評がある。フランス政府が株式の15%を保有している。


日産自動車や韓国のルノーサムスン(ルノー三星)、ロシアのアフトバス、ルーマニアのダチアなどの子会社と併せ、2011年付けで世界3位(1位GM、2位VW)の販売台数を誇る自動車グループである。このグループの中核は日産とルノーとのアライアンス関係から通称「日産・ルノー連合」と呼ばれる。


PSA・プジョーシトロエンと並び、フランスの二大自動車業界の一角を占める。

現、取締役会長兼CEO (PDG)は日産の社長兼最高経営責任者(CEO)をも務めるカルロス・ゴーン。




※この記事に続きはありません


≫ 続きを読む

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 14:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 【Top Gear】Series13 Episode6




















フェアレディZ(フェアレディゼット、FAIRLADY Z)は、日産自動車が製造するスポーツカーである。日本における通称は「Z」。いずれのモデルも「フェアレディ」を冠すのは日本国内のみで、輸出向けは「DATSUN」または「NISSAN」と社名を付して呼称される。現行モデルは北米市場を含め日本国外では「NISSAN 370Z」として販売されている。アメリカ合衆国での愛称は「Z-car」(ズィーカー)など。


フェアレディZ Z34 (FAIRLADY Z Z34) は、日産自動車が2008年12月から製造しているファストバック型のスポーツタイプ乗用車、およびそれをベースとしたオープンカーである。生産は先代Z33型に引き続き、日産自動車栃木工場で行われている。


フェアレディZとしては通算6代目のモデルである。先代であるZ33型からはエンジンの排気量を200cc増加させ、ホイールベースを100mm短縮させた。また、排気量が3.7Lとなったため、日本国外においては「370Z」として販売されている。なお、先代のZ33型は世界約100カ国で販売されていたが、このモデルはさらに市場を拡大し、120カ国近くでの販売が予定されている。




※この記事に続きはありません










ダットサンの忘れえぬ七人

価格:1,890円
(2012/3/27 22:24時点)

ダットサン

価格:1,470円
(2012/3/27 22:24時点)

【楽天独占販売!】日産 ダットサン SR311×デザインTシャツ 長袖【フェアレディ2000 DATSUN SR311 デザイン】オフィシャルデザイン コラボロングTシャツ 3色『RTM高品質コラボTシャツメンズ:レディース:キッズサイズ150/160/S/M/L/XL(2L)』

価格:4,980円
(2012/3/27 22:25時点)

★ダットサン★本皮キーホルダーS★DATSUN★

価格:2,000円
(2012/3/27 22:25時点)

京商 1/43 DATSUN 240Z BRE No.46

価格:4,200円
(2012/3/27 22:26時点)

ダットサン BRE 240Z No.3ブルー 03169a京商 1/43kyosho Datsun BRE 240Z No.3 blue

価格:3,969円
(2012/3/27 22:27時点)

1/43scale EBBRO エブロ 1960年代 大衆車コレクション Toyota Corolla 1100 1966 Datsun Sunny 1000 1966 Subaru ff-1 Sports 1969 トヨタ カローラ ダットサン サニー スバル スポーツ

価格:7,560円
(2012/3/27 22:27時点)

エブロ 【EBBRO】 ミニカー DATSUN SUNNY 1000 1966 RED

価格:3,400円
(2012/3/27 22:29時点)


| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 15:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 軽ハイト(660cc 旧規格)のCM集









スズキ・アルトとは、スズキ自動車の販売する軽ハッチバックである。


ワゴンRが登場するまではスズキ自動車を代表するモデルであり、現在でもハッチバック型として主力のモデルである。実用グレード中心であるが、かつてはアルト・ワークスと言う過激なモデルが存在した。

初代やワークスはお役所に睨まれたモデルであり、いくつかの規制はだいたいこいつのせい。

マツダにはキャロルとしてOEM供給され、かつては日産にピノの名称でOEM供給されていた。



ここでは初代のケースを紹介する。

1970年代後半、軽乗用車は大転換期を迎えていた。スバル360登場以来、各社はこぞって軽乗用車を登場させていったが、ホンダN360の登場と共に高性能化が進み、また所得の倍増によって軽自動車の豪華化が進んだ。ダイハツ・フェローMAXに至ってついに40馬力となり、また装備も下手な自動車よりも充実した装備となった。


しかし、排ガス規制が始まると軒並み出力が下がるなど、パワーウォーズに終止符がうたれた。また所得の倍増がさらに進むと今度は「本格的」な乗用車へシフトしていき、さらに軽自動車規格変更と1970年代の数年間で軽乗用車を取り巻く環境は大きく変化していった。


こうした各社が大きく変化する市場に試行錯誤するなかでスズキは独自研究の結果、軽自動車で乗車する人数は1名もしくは2名であるとし、旧来のエンジンの使い回しや部品の簡素化・質素化を始めとした徹底したコストダウンにとどまらず、車輛登録を非常に高額な物品税15%が免税となる軽貨物車登録とする事で車両以外でかかるお金を削ることにも成功した。


では、具体的にどのようにして軽貨物車登録としたかというと、後部座席使用時における後部座席のスペースの広さを荷室と同等以下にする、という手に打って出た。こうすることで、軽貨物車として登録可能となるからである。後部座席の背もたれはほぼ垂直の形状となり、ニールームは非常に狭く、ドライバーの足の長さによってはほとんど埋まってしまい座れなくなるほどの狭さであった。しかし、後部座席を利用する機会はほとんど無いという前述の調査結果から、後部座席の居住性はこれでも問題なしと判断された。


こうして、登場したアルトは47万円と言う、当時としても非常に廉価な価格で販売開始となった。このお値段はベンツのドア1枚分と言う都市伝説があるが、それぐらいに衝撃があったようだ。当然、バカ売れとなり以降は各社がアルトに範をとった軽貨物登録の軽乗用車を登場させた。消費税導入や物品税廃止など、税制が大きく変更となる1989年までは軒並み軽自動車は4ナンバー車であるほどであった。


登場以来、センセーショナルなモデルを出してきたアルトは時として、当局を刺激してしまうようなモデルがあった。


前述した通り、初代はバカ売れをしたわけであるが、各社が同じようなモデルを出して同じように人気を博せば、当然面白くないのはお役所である。物品税15%というでかい税収が消え去った上に免税のモデルを出されて、しかも大きく販売を伸ばせば目を付けないわけがなく、明らかに狙い撃ち的に5.5%の物品税を急遽課すことになった。


するとアルトは今度は2シーター車を設定した。税制の変更においても軽トラに代表される2シーター車には引き続き無税であったためである。そして他のメーカーも追随して設定を行った。とは言った所で元々、軽乗用車登録で15%という非常に高額な物品税だった為に相対的に見ても安い軽貨物車の人気が衰えることはなかった。


2度目の国の介入は2代目のアルト・ワークス登場である。1987年に登場したこのモデルは550ccで64馬力と言うリッター100馬力オーバーと言う凄まじい性能を誇り、軽~くいじるだけで0-100km/hを6秒チョイという性能を誇った。これはその当時としてはより上位の車でさえも太刀打ちできず、現在でも早い部類に入る。その後、ダイハツはミラ・TR-XX、三菱はミニカ・ダンガン(バカヤロー)などを導入、第二次ともいえる軽パワーウォーズが勃発した。しかし、行き過ぎた馬力競争が交通事故を助長する事を恐れた当時の運輸省から指導が入り、その当時の最高出力を基準とした64馬力規制を業界内で設定、以降は660ccや最新技術が導入されていながらも64馬力を超える車は登場していない。


このような経緯から、軽貨物車登録のメリットが無くなった現在では、アルトも後部座席を広くした軽乗用車登録の仕様がメインストリームとなっている。かつての47万円には遠く及ばないが、軽自動車といえども100万円前後が当たり前の時代に乗用車仕様で税抜70万円台(税込だと80万円ちょっと)、商用車仕様で60万円台のモデルを販売しているのは、精一杯の企業努力の結果と言えるであろう。






※この記事に続きはありません



≫ 続きを読む

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 14:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] 探査機はやぶさ・60億㎞の軌跡

















探査機「はやぶさ」とは、日本の小惑星探査機(工学実験衛星)である。


「小惑星(イトカワ)までイオンエンジンを使った飛行を行い、自律的に小惑星に近づき、その表面から、物質のサンプルを持ち帰る」、下記4つのミッションを行う。


イオンエンジン(μ10)による宇宙航行技術を実証すること
「自律航法」を駆使した小惑星(イトカワ)への接近・着陸をすること
微少重力下で試料を採取すること
試料の入ったカプセルを、直接地球の大気圏に突入させて回収すること


地球への帰還時期は、トラブルが続いたことにより2007年6月から2010年6月へと変更された。なお、イトカワで採取した試料を地球に投下した後、当初の予定になかったミッション《大気圏突入》を実行することになった。これは、JAXAの「軌道予測システム」(地球に衝突する恐れのある小惑星の軌道やその確率・時間を解析するシステム)開発のため、大気圏突入時のデータを利用するというプロジェクトである。


計画が順調であれば、試料投下後は別の目標に向かう予定であった。しかし、姿勢制御系エラーによるカプセル投下精度の低下を補うため、離脱不可能な距離でカプセルを切り離さざるをえなくなった。(-この時点では、世界中のどこを探しても、はやぶさを回収する技術は無かった-)


2010年6月13日22時51分。既にカプセルの分離・投下を済ませた「はやぶさ」は、オーストラリアの上空をひときわ明るく輝きながら最後のミッションを遂行し、その姿を星空に消した。7年をかけた壮絶で前代未聞の「おつかい」は、こうして幕を閉じた。





※この記事に続きはありません




≫ 続きを読む

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 14:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

≫ EDIT

[車・バイク・他、関連動画紹介] ナンバープレート別 自動車保有台数ランキング









ご当地ナンバー(ごとうちナンバー)とは、「新たな地域名表示ナンバープレート」の通称であり、国土交通省が自動車の番号標(ナンバープレート)に表示する地名について、対象市町村の区域を限って、新規の自動車検査登録事務所の設置によらずに独自の地名を定められるよう新たに開始した制度、およびこれにより2006年10月10日以降、新たな地名を表示して払い出された番号標を指す。



※この記事に続きはありません




≫ 続きを読む

| 車・バイク・技術・ドキュメンタリー関連動画 | 13:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑ | |

前のページ | PAGE-SELECT | 次のページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。